おへそとお腹の脱毛

おへそとお腹の脱毛

ビキニなどの時にはむだ毛処理がほぼ必須と言ってもいい、おへそやおなか。

 

最近ではハイウエストに丈の短い上着といったコーデがはやっているため、おへそ周りを見せる機会が以前よりも増えましたよね。

 

おなかのむだ毛は、一方向ではなく周辺からおへそに向けて毛が流れているので、実は剃刀などによる自己処理でトラブルが起きやすいんです。

 

私は自分で剃刀処理していたとき、何度か流れに逆らって剃ってしまったせいか、毛穴が赤くぽつぽつになってしまって、恥ずかしい思いをしました。普段処理していないのを頑張って処理しちゃった感が出てしまった、というか。

 

そのため、できればサロンで処理していただいてむだ毛とおさらばしたい部分のひとつでもあります。

 

でも、こういった部分の毛は、色の薄い毛だったり産毛だったりします。サロンやクリニックで行われている「光脱毛」や「レーザー脱毛」は「メラニン色素」に波長が吸収されて脱毛できるものですが、果たして薄い毛であっても脱毛効果は得られるのでしょうか。

 

お察しの方もいるかもしれませんが、実はおなかやおへそ周りは効果の出方の個人差が大きい部分です。薄毛でもきれいになる方もいらっしゃるそうです。なので、サロンで施術してもらっても良いと思います。

 

ただ、普段外気にさらされない分、肌が敏感な部分でもあるかと思います。おなかまわりに限らずですが、ホルモンバランスが崩れて肌が敏感になりやすい生理中などは、サロンでの処理を避けたほうがいいでしょう。