光脱毛とレーザー脱毛

光脱毛

脱毛方法として最近の主流は「光脱毛(フラッシュ脱毛)」と「レーザー脱毛」です。
特にエステサロンでは「光脱毛」、医療機関では「レーザー脱毛」といった区分ができると思います。
ではいったい、光脱毛とレーザー脱毛とでは何が違うのでしょう。

 

まず、どちらの脱毛方法でも「毛のメラニンなど、黒い色の部分に吸収されて熱を発し、毛根にダメージを与える」という仕組みの点では同じです。
また、毛の成長期に照射する必要があるため、何回か施術を受けなければいけないという点も同じです。

 

では、どこが違うかと言いますと、大まかに言うと「当てる波長の強さ」の違いです。

 

光脱毛は使っている機器などによって当てている光が異なる場合がありますが、基本的にはレーザー脱毛よりも弱い光を当てています。そのため、肌へのダメージもより少なくなります。つまり、肌トラブルがレーザー脱毛より、一般的には少ないんです。
ただし、その分レーザー脱毛よりは効果がゆるやかで、長めに通う必要があります

 

一方、レーザー脱毛は光脱毛よりは強い波長のレーザーを当てていることから、炎症などの肌トラブルが発生する可能性があります。実際にレーザー脱毛の施術を受けた後、痒みや毛穴の赤みなどが出てきたという事例があるようです。
ただ、大体は医療機関で施術していることから看護師さんなどもいらっしゃり、トラブルがあった場合でも早めに相談して、適切な処置を受けることができるようです。
また、光脱毛に比べて短期間で施術が終わるという特徴もあります。

 

また、自身の肌に合うかどうかという問題もあります。
今はお試しができるところも非常に多いので、どの脱毛方法を選ぶかは、無料相談や格安の体験などを行って見極めるほうがよいかと思います。