脱毛方法:フラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛

サロンでの脱毛方法を調べていると、「フラッシュ脱毛」「光脱毛」という言葉をよく目にします。このフラッシュ脱毛って、いったいどのような脱毛方法なのでしょう?

 

フラッシュ脱毛とは、ある特異な波長をもった光を照射して脱毛する方法です。光のエネルギーを利用する、というわけです。
光を当てて脱毛する方法を総称して「フラッシュ脱毛」または「光脱毛」と呼んでいます。

 

では、いったいどんな光なのかというと、実は現在では2種類の光が使われていて、それぞれ脱毛方法の呼び方も違います。

 

一つは「IPL脱毛」。インテンス・パルス・ライトという光を使用します。

 

もう一つは「SSC脱毛」
最近ではこちらのほうが主流かもしれません。クリプトンライトという光を当てて施術します。
SSC脱毛のもう一つの特長は、光を当てる機械を開発したメーカーが併せて開発している、「ビーンズジェル」という特殊なジェルを使うこと。このジェルをつかうことで、肌への負担を軽減でき、さらに美肌効果も期待できるとか。

 

どちらも光のエネルギーが体毛のメラニンに反応し、熱を発して毛根にダメージを与えることに変わりはありません。また、ニードル脱毛などと違って痛みが少ないのも特長です。

 

最近のサロンでは、おそらくこの光脱毛を使っているところが多いと思います。
今のところ光脱毛で耐えられないほど痛かった!という体験を聞いたことはありませんので、ご安心を。